NEWS NEWS

新ジャンル「パラeスポーツ」のアスリート採用の募集開始!

ワンダープラネット株式会社、株式会社名古屋グランパスエイトならびに名古屋王者株式会社は、パラeスポーツアスリートの育成をめざして、採用募集を開始しました。
3社が協力してパラeスポーツアスリートをサポートし、選手が引退後の生活に不安を抱えず競技に専念できるような育成を目指すプロジェクトです。

【主な活動内容下記の通り】
●採用選手は障がい者採用としてワンダープラネット株式会社内で働くことになります。
●名古屋グランパスに所属する初めてのプロeスポーツ分野の選手として、各種大会への出場等の競技活動も並行して行います。
●選手のマネジメント業務、トレーニングは、名古屋王者株式会社が運営するプロeスポーツチーム名古屋OJA(なごや おうじゃ)が担当。プロの選手としての本格的なトレーニングサポート体制の提供を受けることができます。
●採用選手には愛知・名古屋を代表するパラeスポーツアスリートとして、各種広報活動やメディア対応も行うことになります。

【パラeスポーツアスリートとは】
eスポーツ領域でのパラアスリートのこと。本来の「パラプレジア/paraplegia」だけでなく、スポーツとビジネスを行き来する「パラレル/parallel」キャリアの意味が込められています。パラeスポーツアスリート採用募集にあたって3社から下記の様なコメントが発表されています。

ワンダープラネット株式会社 代表取締役社長CEO 常川 友樹
ワンダープラネットは2012年に愛知県名古屋市で創業し、コーポレートミッション「楽しいね!を、世界中の日常へ。」をゲームを通じて実現するべく、日々挑戦しているベンチャー企業です。名古屋グランパス様とは、地元愛知・名古屋から世界への挑戦の想いを共にさせていただき、2018年3月よりパートナー契約を締結しております。この度、名古屋を拠点にeスポーツプロチームを運営する名古屋OJA様も加え、愛知・名古屋に縁のある3社が手を組んで、新たなプロジェクトの実現に向けて動き出すことになりました。採用選手には、競技活動と弊社の業務を両立できる環境を提供いたします。パラeスポーツアスリートとしての新たなロールモデルを一緒に作り上げ、世界へ挑戦する志を共有できる方に応募いただけますと嬉しく思います。

株式会社名古屋グランパスエイト 代表取締役社長 小西 工己 氏
名古屋グランパスは名古屋市・豊田市・みよし市および愛知県全域をホームタウンとし、活動するプロサッカークラブです。Jリーグでは「2018明治安田生命eJ.LEAGUE」が開催され、ジャカルタアジア大会ではeスポーツが公開競技として行われました。今まさに進化を続けている、eスポーツ分野でワンダープラネット様、名古屋OJA様と共に、新たなプロジェクトを始動できる事を大変嬉しく思います。Jリーグでは「2018明治安田生命eJ.LEAGUE」が開催され、ジャカルタアジア大会ではeスポーツが公開競技として行われました。 今まさに進化を続けている、eスポーツ分野でワンダープラネット様、名古屋OJA様と共に、新たなプロジェクトを始動できる事を大変嬉しく思います。パラeスポーツアスリートという形は世界でも新しい取組みだと思います。名古屋グランパスを背負い、新たな夢に挑戦していただける仲間と共にこれまでに無い物語を作っていきましょう。楽しみにしております。

名古屋王者株式会社 代表取締役社長 片桐 正大 氏
名古屋OJAは、設立当初から、「名古屋を元気に」「日本を元気に」「優しい社会に」を理念に活動を続けてまいりました。eスポーツは、知力・判断力・集中力などを競う頭のスポーツであり、生産性を高めることを追求するビジネスの世界と大きな親和性があります。その特徴から、eスポーツは生まれ持った身体機能への依存が小さく、障がいを越えて多くの方が同じ舞台で競い合えるインクルーシブなスポーツです。地元名古屋を代表する先輩企業の方々と、このようなeスポーツの可能性を追求するプロジェクトを開始できることを大変うれしく思います。

パラeスポーツアスリートという新しいジャンルがこの日本から発信されて行きます。今後の活動内容に世界からの注目が集まることでしょう。
詳しい募集要項や内容に関しては参考をご覧ください。

参考:パラeスポーツアスリート採用募集のお知らせ

PICK UP CONTENT