PC&Gadget PC&Gadget

TP-Link、超小型のデュアルバンド無線LAN子機「Archer T2U Nano」が2月14日(木)より販売開始!


無線LAN製品の開発、製造、販売で世界No.1のシェアを誇るTP-Linkより超小型サイズの無線LAN子機「Archer T2U Nano」が発表されました。TP-Link日本支社である、ティーピーリンクジャパン株式会社は、2019年2月14日(木)より、販売開始するそうです。

「Archer T2U Nano」は、小さなボディにも関わらず2.4GHzと5GHzに対応した高性能なUSB無線LAN子機です。さらに、256QAM*1をサポートすることにより、2.4GHzにおいて従来の150Mbpsから200Mbpsへと33%の高速化を実現しています。また、超小型デザインのため、持ち運びの邪魔にならずどこでも高速のWi-Fiを利用できるもの大きな特徴です。

■AC600 ナノ無線LAN子機「Archer T2U Nano」
(想定販売価格:税込1,600円前後)

・重さ:5g
・サイズ:15 x 7.1 x 18.6 mm (幅x奥行きx高さ)
・規格:IEEE 802.11a/n/ac 5GHz、 IEEE 802.11b/g/n 2.4GHz *2
・インターフェイス:USB 2.0
・対応OS:Windows 10/ 8.1/ 7/ XP、Mac OS X 10.9-10.13

高速の11ac規格&デュアルバンド接続に対応
「Archer T2U Nano」 は256QAMテクノロジーによって、150Mbpsから200Mbpsに高速化された2.4GHzと、433Mbpsの5GHzに対応しています。2.4GHzはネットサーフィンやSNSの利用時に、 5GHzはHDストリーミングや通信速度が重要になるゲーム等をプレイする際に最適です。

Wi-Fiローミングにも対応
フリーWi-Fiの不便な点として、移動するたびにいちいち接続するWi-Fiネットワークを切り替える必要があることが挙げられますが、「Archer T2U Nano」 はWi-Fiローミングに対応しているため、最適な接続先をいち早く察知して切り替えることが可能です。そのため、途切れることなくインターネットを楽しむことができます。

利便性の高い超小型デザイン
縦横・幅ともに20mm以下という超小型デザインのため、PCのUSBポートに差し込んだまま持ち歩くことも出来るなど、高い利便性を発揮します。


世界No.1シェア!高品質無線LANルーターのTP-Linkの商品ということで話題性もありそうです。多くのeスポーツプレイヤーたちが愛用する可能性も。自宅や大会に限らず、ちょっとした外出先や、旅行先等、どこでもオンラインで通信できることで、eスポーツの可能性も無限に広がりそうですね!

参考:TP-Link、超小型のデュアルバンド無線LAN子機「Archer T2U Nano」を2月14日(木)より販売開始!

PICK UP CONTENT