pickup pickup

アクションゲーム「レインボーシックスシージ」でガチ勢のボイメン吉原が超絶なテクニックを披露!


2月1日(金)に中京テレビで放送された「ササシマBASE Lab.」で、FPSの王道「レインボーシックスシージ」をBOYS AND MENがプレイしました。

「レインボーシックスシージ」は対テロ特殊部隊である、レインボーの隊員となってテロリストと戦うアクションゲーム。主人公の一人称視点でフィールドを移動でき、自由に武器や素手で戦う臨場感は圧巻です!

絵も音も、現実世界に近いリアルな作り。一発打たれるだけで致命傷になったり、建物内での戦闘が多く、いつ敵と交戦するかわからないスリル満点の緊張感が魅力です。仲間と戦うマルチプレーも人気のゲームですが、今回は様々な局面を体験できるシチュエーションモードの中のひとつ「人質の救出」をボイメンの吉原が挑戦しました。


吉原:イイエェェイ!!

辻本:ちょっと今まで見たことないテンションそれ!

エル:吉原さんの華麗な手さばきに期待“大”です。

すでにこのゲームをかなりやり込んでいる吉原はテンションが違う様子。レインボーの隊員モードに入りきっている吉原に他のメンバーからのツッコミが飛ぶ。


辻本:もう世界に入ってんじゃん!

水野:吉原くんは本業がこっちでボイメンは片手間っていうくらいだから

辻本:困る!困る!

水野:そう、ガチ勢なの。でも吉原くん、テレビですからね!

吉原:ボイメン?副業ですよ

辻本:やめとけ!やめとけ!


吉原からのボイメン副業宣言にスタジオ爆笑。そこまでやりこんでいるならお手並み拝見!という流れでゲームが始まる。実況は今回も、もちろん大蔦エルが担当。


エル:じゃあそんな本業の吉原さんの腕をぜひ見せて頂きたいと思います!

吉原:いいくぜぇ(低音)

エル:人質救出ミッション〜スタートです

水野:よっしゃ行っちゃって〜!

吉原:レインボーシックスシージ、プレイしていくっ(低音)

エル:ちょっと、いい声じゃないですか〜


レインボーの隊員になりきっている吉原の低音イケボがスタジオに響く。そしていよいよ戦闘モードに。


エル:もう中に人質もテロリストもいるので、人質を助けてください。

水野:おおう撃たれてる!

エル:おー敵がいますね!うまい!

辻本:一発で?ヘッドショットってやつ?

エル:これなんとヘッドショットと言って、頭を撃つことができたんですよ!

吉原のミラクルショットが炸裂!これはエルから見てもスゴ技ということで実況にもますます熱を帯びていく。


エル:さあ〜今これ爆弾を仕掛けています!で、設置して遠くから〜Bomb!

エル:なんと! やーもうわかってますね〜!

エル:さぁドローンも出しました〜ドローンが使えちゃうんですね〜


水野:あー敵がいる敵いる敵いる

エル:敵の場所を察知して〜さあ、ダメージを食らった!


エル:ただ、この手さばきプロ並みですよ! リロードも忘れていません!

吉原:ちょっと食らったねーちょっと当たった

エル:ちょっとね!ちょっとだけですね


爆弾やドローンなどアイテムを自由自在に使いこなす吉原にエルも感心。果たしてこのまま人質は救えるのか?!


吉原のすごいテクニックで人質が隠されている部屋へ到着。ここでも新しいアイテムを炸裂させる。

エル:今の手榴弾みたいのですね、閃光弾で相手を撹乱させることができます。

エル:手際がいい!

辻本:閃光弾なんてモンハンでしかやったことない

エル:相手がひるんでいる隙に〜KILL!!

エル:さあ、奥から敵が撃ってきている〜さあ壁に穴を開けてKILL !


エルの応援も熱を増す中、吉原のライフもあと残りわずかに。なんとかこのまま救出して欲しい!というスタジオの熱気が最高潮に。


小林:ヤバイヤバイヤバイ!

吉原:あと、1発くらい当てられちゃうとやられちゃうかな

水野:倒されちゃう?

エル:さあ〜壁を壊して〜中の人質を〜おっと!いいですね、ナイフつかっていきますか?さぁ、背後から狙うのかー!?ハンドガンに切り替えて…

エル:ヘッドショット狙っ…!?

一同:ええええええええ

あと一歩のところでなんとミスで発生!なんと背後から狙うはずが全く違う方向に。しかも一瞬敵を見失い、スタジオにも緊張感が走ったが、なんと打たれることなく回避!そして、無事に人質救出!


辻本:あぶねええええ!!

エル:ハラハラです〜

吉原:FUOOOOOOOOOOO!!

エル:素晴らしい腕前でしたよ〜!

吉原:これはまず人に当てるのに、一人倒すのに一ヶ月くらいかかるゲームですから

一同:ええええそうなんだ!?

エル:すごいですね〜さすがです!


今回は吉原の超絶テクニックが披露される結果となった。手に汗握る救出劇にスタジオ全体が一体になり、最後は大きな拍手に包まれた。

PICK UP CONTENT